アーカイブ | 本・映画・CD等

動画「An deiner Seite」

登場人物の視点で恐ろしい事件の現場を体験。タップで(私のPCではスペースキーで)現在と過去の映像が切り替わる。タップの場所?回数?よくわからないけど何かによってエンディングが変わるらしい。 ドイツのラッパーKontra Kの最新曲をフィーチャーしたインタラクティブなミュージックビデオ。繰り返し見たくなる謎解き体験。 「An deiner Seite」

映画「マネー・ショート」面白かった

ポスター画像

ビッグネーム4人の共演とプロモされてたけど、登場人物多いし、カメオ出演のお遊びも含めてキャスティング全部すばらしい。 脂ぎった東洋人ビジネスマンを演じたバイロン・マンの物の食い方がいちいち嫌ったらしい感じで完璧。この日本料理店でのシーンはBGMも秀逸。あのシーン見るためだけにまた観たいくらい。 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にテーマもノリも似てるんだけど、あそこまでどぎつい感じじゃないので楽 […]

映画「オデッセイ」、吹き替えで観ちゃった

ポスター画像

原作本を読んですごく面白かったので大期待して観に行ったんですがスクリーン選びをちょっと失敗、3Dなのは覚悟してたけど、吹替えだった。最初の台詞が聞こえて初めて知った。情報量は字幕より確かに多いのだろうけど二人羽織を観てるようで気が散る…。 始まるまで、インターステラーのマット・デイモンの役どころが頭をよぎっていたが、始まってみたら(そして吹替えに慣れてからは)世界に没頭して観れました。 映画自体は […]

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」は社会派なのに見やすい

社会派なのに見やすいという紹介をどこかで見た(多分誰かのツイッター)で見たんだけど、後で探すとどこにも見つからない。でも本当に「社会派なのに見やすい」て感じでした。 あんまりややこしくなることなく話がすすむ。冷戦の歴史を知らなくてもアメリカ人じゃなくてもわかるように丁寧に親切に作ってあるしグロもエロもない。 映像はすごくきれい。50,60年代ファッションは素敵。 でもちょっと中学生でもわかるように […]

映画「インターステラー」を観ましたよ

公開時に観なかった「インターステラー」を観ました。

映画「アンフェア」を観てひとこと

雪平ロングコートやめたら尾行もまけるしいろいろ捗ると思う。 次から次へと出てくる男キャラが楽しみな映画だが、どうせこの人も裏切るし死んじゃうし… と思うと虚しい。

ひ・と・み!スクランブル/橋本陽子

表題作含め、p45ページ程度の作品を4編収録。今読んでもそこそこ面白かった。 芸能界パロディや誘拐カップルなどよくありそうな設定をあくまで軽く現実離れしたドタバタコメディの少女漫画に仕上げて小気味良い。普通に絵がうまい。背景がほとんどなかったり人物しか描いてないコマが続くところが少女漫画らしいけど、物憂い表情や、憮然とした表情が色っぽくて魅力的。 描かれている服装の80年代感が懐かしい。こんなカッ […]

生首趣味

クリムトの「ユディト」という絵に惹かれる。敵将に取り入って寝首をかく女傑。手には生首。 「ユディト」をTシャツやキャミソールにしたものを、いくつかのショップで売っているようだ。でもこのキャミとか生首見えないし。これでは意味がないではないの。 生首というと小説家の倉橋由美子を思い出す。青年テロリストが生首だけになってなお生きていて美少女がそれを飼育しているという「ポポイ」なんかそのものずばりだし、怪 […]

The Ditty Bops – Skinny Bones

かっこいい!

やまだ紫さんが亡くなった

「性悪猫」の作者。彼女の他の作品をそれほど読んではいないが、この作品だけはかなり思い入れがあったので胸がつまる。 女性としての生き方を考えるためのテキストの一つだったと思う。何度も読んで私には用を終えたので知人にあげた。ま、貰った方には余計なお世話だったかも知れない、ごめんね。まいっか。

Everything Is Everything / Autorotation

ロンドンで活動しているエレクトロポップバンド、オートローテーションの先月発売のニューアルバムです。発売したことは知っていたんですが、Last.fmやMySpaceなど無料で試聴できるサイトが多いためついつい買いそびれていました。でもせっかくなのでiTunes Storeから購入。 かなりいいです。いい感じに陰鬱で瀟洒でモード。日本語での知名度も上がってきたみたいで、情報が検索にひっかかるようになっ […]

思い出せない漫画家

気になってしょうがない。先日りぼん読んでた頃を思い出して書いたら、もう一人好きだった漫画家がいたことを思い出したが、作品名も作者名も思い出せない。あんまり有名な人じゃなかった気がする。 ・私が小中学生の頃(80年代)に活動していた。 ・現在は描いてるかどうかわからない。 ・りぼん本誌じゃなくてりぼんオリジナルとかに載ってた気がする。 ・読みきりしか読んだことない。連載してたかどうかはわからない。 […]